介護付き有料老人ホームとはどのような施設か

介護付き有料老人ホームは入居系介護施設のひとつです。



主に民間企業によって運営されています。この介護付き有料老人ホームには介護専用型と混合型のふたつの種類があります。介護専用型は、主に利用対象者を要介護者に限定している施設です。対して混合型は、要介護の人は勿論のこと、要支援段階の人、また自立している人を受け入れることもある施設です。
ただし実際の利用条件は施設により異なります。
そして混合型で自立している人を受け入れている介護付き有料老人ホームの場合、その人の身体の状態が要介護状態になった場合などは、別の施設に移らなければならないと言うこともあるので、この辺りは事前にチェックしておくことが求められます。

介護付き有料老人ホームでは、基本的には介護スタッフなどが施設内に常駐しており、介護サービスを提供します。

しかし中には外部サービス利用型と呼ばれるような、外部サービスからの介護サービス提供を主としている施設もあります。


たとえばホームヘルパーと契約をして、必要な時に必要なサービスだけを受けると言った具合です。
利用料金は施設により様々ですが、企業が運営している以上、ある程度の収益を上げることが必要です。そのため比較的、利用料金は高めに設定されていることが多いです。

日本経済新聞のお役立ちコンテンツ満載です。

また入居一時金が必要になることも多い傾向にあります。


介護事業に参入する企業は増加傾向にあることから、この介護付き有料老人ホームの数も増加傾向にあると言われています。

安心をコンセプトにした老人ホーム紹介のお役立ち情報はこちらのサイトです。